北海道の花・草・木
 はじめに
私は登山を始める前は高山植物の名前はまったく知りませんでした平成11年7月温泉に行く途中軽い
気持ちで雨竜沼湿原を見に行く、雨上がりで登山道はドロンコ、ふうふう言いながら雨竜沼につく。 
今まで写真しか見た事のない風景が目の前にある。 

 知らない花が一面に咲いている、この世に、こんな綺麗な所があると、泥だらけの足元を見る。 
山の天気は変わりやすい雨が降ってきた、初めての登山、軽装ずぶ濡れになりながら下山、登山道は
雨水が流れ急坂滑る様におりる。 全身泥だらけの格好で車に着く登山を甘く見た結果です。車の中で
着替えの心地良さ「これは何んだ」見た事のない風景の体験、
写真撮影に花の中にとけこむ妻、老後の
楽しみはこれだと感じる。それ以来現在まで山の花にとりつかれている。

本州では2000mを越さなければ見れない草花、北海道では1000mで見れる。
草花を写すたびに撮影の難しさを知る。 

このコ−ナ−の写真は良くないが良い写真をとれた時は画像を入れ替えていきます。
花の名前も図鑑を見てもわかり難い間違って載せる花もあります。北海道の山を登っている
登山家のホ−ムペ−ジを見たり、教えてもらったりしています。 

 私は勉強中です、もし間違った花名入れましたらメ−ル下さればありがたいです、宜しくお願い致します。
inserted by FC2 system